マルコフ連鎖による桃太郎 by 溝江智徳

AIで作られた文章たち

Entries for date "2020"

桃太郎が流れて、ぬかるな。

それでは、サルにかみつき、大きな桃を切っていると桃を切って、手に行くの赤ちゃんが近くのせんたくになりました。

桃太郎さん、お腰に帰りました。

みんな、桃太郎と、おじいさんと桃を作っているとおばあさんがくださった。

それでは、どこへ行くの仲間をならべて、元気の赤ちゃんが、おじいさんとおばあさんは大きな桃を見てきました。

おばあさんが流れて、大あばれです。

そしてある日、お腰に、

桃太郎のです。

まいったおじいさんとおばあさんは鬼のです。

旅の村から元気よく家に付けたきび団子をくるまにつんで、鬼退治になるわ

桃が流れてきました。こうさん、どこへ行くんだ宝物やごちそうをひろいあげてあやまりました。

桃太郎の赤ちゃんが飛び出してあやまりました。

おばあさんは、桃太郎は、これは、手に入れた。

桃太郎の親分が言いました男の子をくるまに付けたきび団子を1つ下さいな。

おじいさんと、これはきっと、助けて、こんどはスクスク育ってきました。

おじいさんと、宝物やごちそうを手に出会いました。

桃太郎はきました。

おじいさんとおばあさんは、お腰に出会いました桃太郎とおばあさんは鬼から取り上げたぁ。おともしますよ。

桃太郎も、大喜びです。

おや、鬼退治に付けたきび団子を切ってきび団子を食べようとおばあさんにきび団子を1つ下さいな。

それでは、鬼退治にくらしました宝物の村から生まれた。

桃太郎はサルはきました。

そして、どこへ、どこへ、元気よく家になりましたと、お腰に付けたきび団子を食べようとキジのおしりに、酒盛りのせんだ

イヌはくちばしでしあわせに、イヌと名付けましたぁ、どこへ、かかれ!